不動産は価値がある

不動産の価値が上がる

不動産の値上について

これからの不動産には値上がりの期待が持てます。今年の春から始まった日銀の金融緩和によって生まれる資金が流れ込んできています。また、景気拡大の兆しも出てきたことで、企業活動が活発になりつつあることも市況にはプラスに働きます。加えて東京オリンピックが決定したことが、東京周辺の土地や建物への注目度が国内、国外問わず高まってきています。海外でもオバマ政権下で金融緩和が続き、ヨーロッパでも同様に金融緩和が続いていますので、世界を駆けまわっている大量の余剰資金の一部でも日本の不動産に入ってくれば地価は大幅に上昇するのです。

土地は値上がりするという神話

不動産の中でもとりわけ土地は将来に渡りずっと値上がりするとバブルが崩壊するまで日本では信じられてきました。それが、土地神話と呼ばれるものです。よくよく考えればおかしな話ですよね。物の値段とは、需要と供給により決まるものです。その為、将来にわたり値段が下がることなく上がり続けるという事の方が無理があり、今考えれば何故そこまで信じていたのか不思議なくらいです。しかし、一方で日本という国は土地が狭い為、便利な土地には需要があるのも事実です。そういった土地は、ある程度下がればそれ以上にはなかなか下がりません。やはり不動産には価値があるという事には代わりがありません。

不動産の売買の情報

© Copyright 不動産を担保にする意味. All rights reserved.