節税対策はしっかりと

個人事業者の節税対策

節税対策としての不動産

不動産を購入する人が増えている背景には、増税の影響はあると言えるでしょう。財政問題がクローズアップされるようになってきたことは多くの人が知っていることだとは思いますが、それによって増税からは逃げることができなくなっていると考えられます。その中で以下にして節税対策をしていくのかは重要な事だと言えるでしょう。大きな資産を持っている人にとっては深刻な問題です。不動産を所有することによって控除を受ける事ができたり、あるいは評価額を下げたりすることができますから、節税対策としては優れていると考えられます。

賃借している収益不動産もある

不動産で収益を得ることは、事業用に土地や建物を借りて、その賃貸借契約の範囲内で、その事業用の建物の一部を他者に又貸しする、といった形でもできます。そうした場合には、その又貸しを行っている事業者も、収益不動産を持っているということになります。住居用の賃貸不動産であれば、こうした又貸しは認められないでしょうが、事業用の物件である場合には、一定の範囲内であれば認められる場合もあり、そうした場合には、借りている不動産でも収益不動産として運用することができるのです。

不動産の売買の情報

© Copyright 不動産を担保にする意味. All rights reserved.