賃貸の料金も交渉

不動産でも値引き交渉

不動産で値引きのタイミング

例えば車を購入しようとするとき、多くの人は値引き交渉をします。実はそれと同じように不動産においても同じことが可能なのです。つまり購入においては値段の減額、賃貸においては家賃の減額ということが可能なのです。しかし、ただ単に交渉するだけでは中々難しいでしょう。交渉にはここぞというタイミングが必要です。ではそのタイミングとはいつでしょうか。それは、不動産業者が後には引けなくなった時点、つまりあとはサインしてしまうだけで契約が成立するというところです。業者も少しでも多く契約を取りたいので、こうしたギリギリの値引き交渉は効果があります。

値引きを上手に切り出してみる

不動産を賃貸する場合、なるべく安く借りたいという思いが働きます。しかし値引きを交渉する人は意外に少ないようです。しかし、時期や交渉方法によっては十分に値引きを得られるチャンスがあります。まず時期ですが、人事異動や進学時期となる2月、3月は厳しいといえます。しかし、例えば4月入居するけれど、契約は3月からとなった場合、交渉すれば3月分は免除してもらえる場合があります。また、7月、8月といった不動産案件があまり動かない時期は、礼金や毎月の賃料は交渉次第で下がる場合があります。具体的に〇〇円にならなければ、きっぱりあきらめます。と言えば、交渉に応じてくれる場合がかなりありますよ。

不動産の売買の情報

© Copyright 不動産を担保にする意味. All rights reserved.